【朝起きれない原因は人によって違う!?】あなた場合はこれ!

スポンサーリンク

朝がつらい
目覚ましかけても起きれない
なんで皆は起きれるの?
と悩んでいるそこのあなた!

朝起きれない原因と言うのは、人によって違うものです。原因が違えば当然対策も違うので、まずは原因を突き止めないことには何も解決しません。

そこで今回は

  • 生活習慣
  • 体質
  • 朝起きるためにしていること

などから起きれない原因を突き止めてみました。

スポンサーリンク

残業が多い人は、パン ⇒ ご飯

1.睡眠時間が日によって違う

まず最初は生活習慣。
平日は残業が多く、帰宅するのが深夜になる人。睡眠時間が足りなくて辛いのは分かりますが、休みの日にまとめて睡眠を取るのはよろしくありません。

日によって就寝時刻・睡眠時間が違うと、体内時計が定まらないので、朝起きづらくなってしまいます。

 

2.体内時計をリセットする方法

もちろん、規則正しい生活ができればそれで解決ですが……
んなこと言われても!
仕事なんだから仕方ないじゃん
どうしようもないんだよ
ってなりますよね。

その場合は、以下の3つを徹底してください。これによって体内時計のズレをある程度治すことが出来ます。

  • カーテンは開けて寝る
    ⇒ 朝日を浴びる
  • 朝食をしっかり食べる
  • メラトニンを多く摂る

メラトニンはお米にも多く含まれているので、パン派の人はご飯に乗り換えてみては。

 

規則正しい生活なのに起きれない人はこれ

1.低血圧が朝に弱いのは本当

毎日寝る時間は大体同じ
睡眠時間も安定している
それでも起きれない
という場合、まず最初に考えられるのは低血圧です。「低血圧は朝に弱い」という話は聞いたことがあると思います。

低血圧の人は、朝起きるのに必要な「アドレナリン」と「ノルアドレナリン」の分泌が遅いので、寝覚めがスッキリしません。

 

2.でも起きる方法はある

そんなことくらい知ってる
要するに低血圧は無理なんだろ
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。あなたの周りにはいませんか? 低血圧なのに早起きな人。彼らが起きれるのは、この方法を使っているからです。詳しくはこちら↓

⇒ 【朝起きれない人必見!】低血圧でも効果抜群!最新早起き対策

 

目覚ましをセットしても起きれない人はこれ

1.ストレスは体内時計を乱す

生活リズムは安定している
低血圧でもない
でも起きれない
という人は、恐らくストレスが原因だと思います。特に「目覚ましを使っても起きれない」という人は、十中八九ストレスです。ストレスの要因は以下の3つ。

  • 起きなきゃという焦り
  • 起きられなかった事実
  • うるさいアラーム音

ストレスが溜まると、体内時計を調節する脳内ホルモンが過剰分泌され、調節がうまくいかなくなります。つまり起きれなくなるんです。

 

2.起きれないことがストレスに

ストレスはそう簡単に消えないし…
手っ取り早く解決する方法ないの?
という方は、目覚ましを使うのをやめてください。その代わりに「あること」をすると、途端に起きれるようになります。詳しくはこちら↓

⇒ 【朝起きれない原因は目覚まし時計!?】最新早起き対策

 

眠りが浅く、疲れが取れていないことが原因かも

今回は「朝起きれない原因」として

  • 睡眠時間が日によって違う
  • 低血圧
  • 目覚まし時計によるストレス

をご紹介しましたが、この他にも色んな原因があります。例えば「寝ても疲れが取れない」という人は、これが原因かもしれません。

⇒ 【寝てるのに疲れが取れない!】その原因はあなたの○○だ!

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ