【お風呂の寒さ対策!】窓の断熱で冬の朝でも体感22度!

スポンサーリンク

のお風呂が露天風呂のように寒い」
「浴室を暖めてもすぐに冷える」
「寒過ぎてシャワーを止められない」

と、冬の寒~いお風呂にお困りのあなた!
お風呂に窓がある場合、窓ガラスから外の冷気を取り込み、浴室内の暖気も冷気に変えてしまいます。今回は、この冷気を遮断して、極寒お風呂を見違えるほど暖かくする方法を紹介します。

冬の入浴では、急激な温度差によって起こるヒートショック現象で命の危険にも繋がるので、お風呂の寒さ対策は大切です。お風呂場が暖かければ心身共にリラックスしますし、寒くて出しっぱなしにしていたシャワーを止められれば、水道光熱費の節約にもなりますね。

スポンサーリンク

1.お風呂場が寒い最大の原因

室内の暖気の5割以上は窓から逃げてしまいますが、お風呂も例外ではありません。浴室内に使われている床や壁などの材質の問題もありますが、お風呂に窓がある場合は、やはり冷える最大の原因は外気に直接触れている窓です。

お風呂の窓はたいていガラスが1枚なので、外の冷気を取り込みやすく、浴室暖房や蒸気でせっかく暖まった空気も外に逃がしやすくなっています。

また、お風呂に浸かっているとき、浴槽に接した壁にある窓からヒンヤリとした空気が下りてくる感覚を経験したことがある人も多いと思います。これは、上昇した浴室内の暖気が窓で冷やされて下りてくるコールドドラフト現象です。どんなにお風呂を暖めても、窓ガラスに冷やされてしまっていては台無しですね。

 

2.お風呂の窓の冷気遮断法

窓の冷気を遮断する寒さ対策を具体的に見ていきましょう。ここでは二通りの方法を紹介します。

  1. 窓枠に断熱材でフタをしてしまう
  2. 窓ガラスに断熱材を貼りつける

 

2.1.窓枠に断熱材のフタをはめ込む方法

まずは、窓枠にすっぽりと断熱材をはめて窓をふさぎ、冷気の通り道を遮断してしまう方法です。

使用するのはスタイロフォームという密度の高い発泡スチロールのボードです。ホームセンターなどで入手できます。断熱性の高いスタイロフォームを窓枠にはめ込んでフタをすることで、窓からの冷気を全く感じないほどの効果があります。

大きな窓だとスタイロフォームの扱いが困難になるので、比較的コンパクトな窓枠の場合に有効です。

 

【用意する物】

  • スタイロフォーム
  • 荷造り用ビニールひも
  • 定規
  • ペン
  • カッター

 

【手順】

  1. 窓枠の内寸を測ります。
  2. 窓枠より1mmほど小さくなるようにスタイロフォームに線を引いて印を付けます。
  3. 線に沿ってカッターでカットします。
  4. カットしたスタイロフォームの二か所に穴をあけ、荷造り用ビニールひもを通し、取り外す際の取っ手にします。

完成した窓枠にはめ込み、きつくて着脱しにくい様ならカッターで削って微調整してください。スタイロフォームは厚過ぎても扱いづらいので、30mm厚程度が適当です。

取っ手をつけて取り外しを容易にしておくことで、窓の開閉にも支障がありません。スタイロフォームをはめたままにしておくと、湿気によるカビの原因にもなりますので、入浴が終わったら取り外しておくようにしましょう。

 

2.2プチプチを窓に貼る方法

窓が大きいお風呂や窓枠の奥行きがあまりないお風呂では、スタイロフォームでフタをする方法は適していません。

そんなときは、窓に直接プチプチ(梱包用緩衝材)を貼ってしまいましょう。窓ガラスとお風呂の間にプチプチの空気の層ができることによって、窓の冷気を遮断してくれます。

 

【用意するもの】

  • プチプチ
  • 両面テープ(はがしやすいものが良い)
  • 定規
  • ハサミやカッター

 

【手順】

  1. 窓ガラスの水気をきれいに拭き取っておきます。
  2. 窓ガラスの大きさを測り、プチプチに印を付けます。
  3. 印に沿ってプチプチをカットします。
  4. プチプチの凹凸面に両面テープを貼ります。
  5. 窓に合わせて、プチプチを貼ります。

水を使って貼ることのできる窓用の断熱シートもありますが、お風呂の蒸気ではがれやすくなります。また、お風呂の窓はすりガラスを使っていることが多く、断熱シートは凹凸面には貼れません。ですので、お風呂には両面テープを使ってプチプチを貼ることをお勧めします。

スタイロフォームを使ったフタでは日差しも遮断してしまうので、明るい朝の日差しを感じながら朝風呂を楽しみたい人にも、プチプチを使う方法はお勧めです。

 

リラックスできる冬のバスタイムを手に入れましょう

今回の内容をまとめます。

  • お風呂が寒い最大の原因は窓
  • コンパクトな窓には、スタイロフォームで窓枠にフタをしてしまうのが効果大
  • スタイロフォームのフタは取り外しができるように取っ手を付けておく
  • 大きな窓や窓枠に奥行きがない場合は、プチプチを窓に直接貼ると良い
  • 自然光の中で朝風呂を楽しみたい人にも、プチプチを貼る方法はお勧め

断熱材をうまく利用した寒さ対策で、苦痛とも言える冬の極寒バスタイムを、極上のリラックスタイムに変えてしまいましょう。

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ