揚げ物のサクサク感キープ!アルミ急速冷凍保存&解凍方法

スポンサーリンク

「時間がないので揚げ物は
まとめて揚げて冷凍したい」
「惣菜の揚げ物を買い過ぎた」
「冷凍でサクサクを保てる?」

と、お悩みのあなた!
揚げ物はちょっとしたコツで美味しく保存できます。美味しさを保つポイントは、アルミを使った急速冷凍仕上げ解凍です。今回は、揚げ物を美味しく食べられる冷凍保存と解凍の方法を紹介します。

揚げてから時間が経つと味が落ちてしまう揚げ物も、冷凍保存すれば美味しさが長持ちします。まとめて揚げて冷凍しておけば、いつでもすぐに食べられて便利ですし、お弁当に活用すれば昼休みのランチ代も節約になります。

スポンサーリンク

1.なぜ揚げ物は時間が経つと味が落ちるのか

残った揚げ物を次の日に食べようとしても、ふにゃふにゃになってしまっていて、揚げたてとは別物ですよね。

この食感の劣化は、中の食材の水分が衣に移ってしまうために起こります。

 

1.1.時間とともに水分が中身から衣へ移る

揚げ物のサクサク感は、揚げるときの高温によって衣の水分が蒸発して乾燥したところへ油が入り込むことによって生まれます。そして、衣の油の膜が中の食材の水分を閉じ込め、食材のうま味やしっとり感を逃さないのです。

しかし、揚げてから時間が経つと、中の食材の水分は乾燥している衣の方へと移ります。衣はサクサク感を失い、中の食材のうま味は水分とともに抜けてしまうのです。

 

1.2.電子レンジで更に味が落ちる

電子レンジで温めると、ふにゃふにゃ度合いが増しますよね。電子レンジは食品を中から温めるので、中の食材から水分がどんどん蒸発し、それを衣が吸ってしまうからです。

衣は更にふにゃふにゃになり、中身は水分がなくなってパサついたり硬くなったりしてしまいます。

 

2.揚げ物の美味しさをキープする冷凍方法

そこで、揚げ物は風味が落ちないうちになるべく早く冷凍して保存するのがおすすめです。

風味の劣化や酸化が進まないうちに急速冷凍するためにも、アルミホイルを使いましょう。冷凍庫で1ヶ月程度保存可能です。

【手順】

  1. 揚げ物をアルミホイルで包みます。
  2. 冷凍保存袋に入れ、なるべく空気を抜いて口を閉じます。
  3. 冷凍庫へ入れて保存します。

熱伝導率の良いアルミホイルで包むことによって急速冷凍ができ、光を遮断するので冷凍中の油の酸化も防ぐことができます。

アルミホイルで包んでしまうと中身が見えないので、冷凍保存袋に品名を書いておくと便利ですよ。

 

3.冷凍した揚げ物を美味しく食べられる解凍方法

風味を保ったまま冷凍しても、解凍で失敗しては元も子もありません。揚げ物を温める機能が付いているオーブンレンジであればボタン一つで美味しく仕上がります。

しかし、そんな高度な機能が付いたものはない!という場合でも、次のようなサクサク解凍が可能な方法があります。

  1. オーブントースターを使って解凍
  2. フライパンを使って解凍

以下、加熱時間などはコロッケなら1個、唐揚げなら3~4個くらいを目安に説明しています。

 

3.1.オーブントースターで仕上げ解凍

電子レンジだけの解凍ではふにゃふにゃになってしまうため、オーブントースターで仕上げ加熱をしてサクサク感を出します。

冷凍するときに使ったアルミホイルも利用します。

【手順】

  1. オーブントースターは先に温めておきます
  2. アルミホイルを外した冷凍の揚げ物を、電子レンジ500Wで1分ほど温めて半解凍します
  3. 揚げ物を包んでいたアルミホイルをクシャクシャにして、シワが残った状態に広げ直します
  4. 広げた直したアルミホイルの上に揚げ物を乗せ、オーブントースターで2~3分加熱します
  5. 上になっている面がサックリしてきたら裏返し、更に2~3分加熱します
  6. 両面がサクサクしたら加熱を止めます
  7. しばらくオーブントースターの中に放置して、余熱で中まで温めます

アルミホイルのシワの間に余分な油が落ち、ベタつかずに仕上がります。

オーブントースターに温度調節機能がある場合は、なるべく低温で加熱しましょう。表面のサクサク感は、箸や指で触ってみて確認してください。

最初の電子レンジ加熱の際は、決して熱々になるまで加熱しないでくださいね。

私は中が冷たくないか不安で、電子レンジで温めすぎてしまいがちなのですが、中身が硬くポソポソになってしまい、よく後悔しています…。

 

3.2.フライパンで加熱解凍

オーブントースターがない場合は、フライパンでもサクサクに近付けることができます。

【手順】

  1. アルミホイルを外した冷凍の揚げ物を、電子レンジ500Wで1分ほど温めて半解凍します。
  2. フライパンに油をひかずに冷凍の揚げ物を入れます。
  3. 弱火で片面2~3分ずつ温めます。
  4. 両面がサックリとしたら出来上がりです。

フライパンに油が溜まりがちですので、油でベタ付くようでしたら、キッチンペーパーなどで油を切ってください。

 

アルミホイルの活用で美味しく揚げ物保存

今回の揚げ物についての内容をまとめます。

  • 揚げ物は時間が経つと中の食材の水分が衣に移ってふにゃふにゃになる
  • アルミホイルで包んで急速冷凍することで風味の劣化や酸化の防止になる
  • 解凍する際は、オーブントースターやフライパンで仕上げをするとサクサク感が出る
  • 冷凍に使ったアルミホイルは、オーブントースターで加熱解凍する際に利用できる

揚げ物をいつでも美味しく食べることができれば、麺類やカレーなどに食べ応えをプラスできますし、ちょっと野菜を添えるだけで豪華なメニューが実現します。毎日のメニューの幅が広がって、自炊がラクに楽しくなりますね。

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




ゴキブリ対策特集


置くだけ簡単! 
ゴキブリ駆除率90%以上の最強トラップ・罠


【知らなきゃ損】
冷蔵庫の下にいるゴキブリを簡単に駆除する方法


【中で繁殖して出てくる!?】
ゴキブリを掃除機で吸った時の対処法


【盲点だった!】
ゴキブリの意外過ぎる侵入経路


殺虫スプレー顔負け!
ゴキブリを一瞬で駆除する最強アイテム


駆除後のゴキブリを間近で見ることなく
簡単に処理する方法




コバエ対策ランキング


【台所でコバエが出た人必見!】
意外と知らない発生源と対策


【リビングでコバエを見たら】
最初に駆除すべき発生源はここ!


【朗報】お風呂で大量発生したコバエは簡単に撃退できるぞ!


【めんつゆ顔負け】コバエを根絶やしにする
最強トラップ 傑作選


【トイレにコバエがいたら要注意!】
発生源を確実に駆除する方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ