ひき肉の保存期間が1ヶ月伸びる!ダブル密閉冷凍保存法

スポンサーリンク

「ひき肉の消費期限2日とか短すぎ」
「長持ちする保存方法が知りたい」
「冷凍するとどれくらい持つの?」

こんな悩みをお持ちのあなた!酸化しないようにして冷凍すればひき肉は最長1ヶ月保存できますよ。そこで今回は、ひき肉の具体的な冷凍保存法をご紹介します。

今まではジャンボパックのほうが安いと知りながらも使いきれるか心配で購入をあきらめていましたよね。でもこれを読めば、安売りしているときにひき肉を大量購入することができ食費がかなり浮きますよ。

スポンサーリンク

1.すぐ冷蔵庫に入れてもひき肉が長持ちしない理由

ひき肉は細断されているため表面積が広く、空気に触れやすいため傷みやすいので、数ある精肉の中でも特に消費期限が短いです。

なので、買ったひき肉パックをそのまま冷蔵庫に入れても1日しか持ちません。その理由は2つです。

 

1.1.空気に触れている

ひき肉はパックに入ってる時点で空気に触れているので、刻々と酸化しています。ひき肉は表面積が大きいので酸化スピードはめちゃくちゃ速いです。

 

1.2.雑菌が活動できる温度

また、冷蔵庫は通常0~10℃の温度に設定されています。この温度では雑菌が活動可能なので、どんどん肉が腐っていきます。

加えて、冷蔵庫は扉を開け閉めする機会が多く、そのたびに温度が上がるため、温度(熱)による酸化もしていきます。なので、ひき肉は密閉冷凍保存しましょう。

 

2.ひき肉を1ヶ月長持ちさせる冷凍保存法

ここからが本題です。
ひき肉の賞味期限を1ヶ月に伸ばす具体的な冷凍保存法をご説明します。

この方法は買ったらすぐやってくださいね。冷凍保存するまで時間が空けば空くほど空気に触れている時間が長くなり酸化していきます。酸化した肉を冷凍しても長持ちしません。

 

2.1.密閉する

まず取り出して密閉します。
トレイや袋に入った状態のまま冷凍しても、空気に触れているため酸化しやすいです。私も以前は手間を惜しんでトレイのまま保存していましたが、2週間経たないうちに冷凍ひき肉が腐って異臭を放っていました。

なので冷凍保存するときは密閉しましょう。具体的な手順は以下の通りです。

  1. トレイからひき肉を取り出す
  2. 清潔なキッチンペーパーの上に置き、余分な水分を切る
  3. 1回分ずつラップの上に置き、薄く伸ばす
  4. 空気を抜きながらラップで包む
  5. ジップロックに入れ空気を抜きながらチャックをする

1回分の量で小分けにして冷凍すると、速く冷凍されるため細菌が繁殖しにくいですし、すぐに使えて便利です。200g程に小分けしたひき肉ならば、100均のSサイズのジップロックがちょうど良い大きさです。

 

2.2.急速冷凍する

密閉し終わったら急速冷凍します。凍るまでの時間が短ければお肉の細胞を壊さず、新鮮な状態を保ったまま美味しさが保たれるからです。具体的な手順は

  1. 冷凍庫に金属トレイを入れる
  2. トレイの上にひき肉を並べる
  3. ひき肉の上に保冷剤を並べる

金属トレイは100均でアルミのものが売られています。アルミは熱伝導率が高いのでより速く冷凍することができおすすめです。

 

3.冷凍ひき肉の旨味を逃がさない解凍法

せっかく上手に冷凍保存しても解凍で失敗しては意味がありません。おすすめの解凍法も3つご紹介します。

 

3.1.冷蔵庫内で解凍

一つ目は、冷蔵庫に冷凍ひき肉を放置して解凍する方法です。この方法がベストです。理由は以下の2つです。

  1. 冷蔵庫内は温度変化が少ないため
    旨み成分である肉汁が流出しにくい
  2. 低温のため細菌が繁殖しにくい

肉の美味しさを保つ秘訣は、早く冷凍してゆっくり解凍することです。ただし時間がかかるので急いでいるときには向きません。200gのひき肉でも解凍するのに5時間はかかります。

 

3.2.流水で解凍

2つ目は水で解凍する方法です。

  1. ボウルに水を入れる
  2. 凍ったひき肉をジップロックのままボウルに入れる
  3. 浮いてこないように水を入れたペットボトルで抑える
  4. 水を流してボウルの水を循環させる

ポイントはお湯ではなく冷水を使うことです。水を使うことで火が通ることなく均一に解凍されます。解凍時間は200gのひき肉で20~30分ほどです。

冷蔵庫に比べて時間はグッと短縮されますが、味は多少落ちます。

 

3.3.電子レンジで解凍

3つ目は電子レンジです。

  1. サランラップを取り外す
  2. キッチンペーパーを敷いた耐熱皿の上に置く
  3. 解凍モード、もしくは200Wで2分ほど電子レンジにかける

時間がないときにおすすめですが、味は落ちますし食中毒の危険もあります。というのも、部分的に火が通ることがあるため、温度の上がったところから雑菌が繁殖しやすいんです。

密閉冷凍保存法で1ヶ月保存可能に

今回の内容をまとめます。

  • 冷蔵保存では細菌が繁殖しやすく長持ちしない
  • 買ってすぐに冷凍保存する
  • サランラップとジップロックのダブル使いで密閉保存
  • 小分けにすると使いやすい
  • 金属トレイで急速冷凍するとなお良い
  • 肉のうま差を逃がさないコツは、素早く冷凍してゆっくり解凍

保存方法を工夫するだけで1ヶ月も保存できてしまいます。是非試してみてください。

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




ゴキブリ対策特集


置くだけ簡単! 
ゴキブリ駆除率90%以上の最強トラップ・罠


【知らなきゃ損】
冷蔵庫の下にいるゴキブリを簡単に駆除する方法


【中で繁殖して出てくる!?】
ゴキブリを掃除機で吸った時の対処法


【盲点だった!】
ゴキブリの意外過ぎる侵入経路


殺虫スプレー顔負け!
ゴキブリを一瞬で駆除する最強アイテム


駆除後のゴキブリを間近で見ることなく
簡単に処理する方法




コバエ対策ランキング


【台所でコバエが出た人必見!】
意外と知らない発生源と対策


【リビングでコバエを見たら】
最初に駆除すべき発生源はここ!


【朗報】お風呂で大量発生したコバエは簡単に撃退できるぞ!


【めんつゆ顔負け】コバエを根絶やしにする
最強トラップ 傑作選


【トイレにコバエがいたら要注意!】
発生源を確実に駆除する方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ