【単身引越し者必見】370円で不用品・粗大ゴミを処分する方法

スポンサーリンク

引越しの際に出る不用品や粗大ゴミの処分。これって民間業者に頼むと結構お金かかるんですよね。量が少なくても、基本料金だけで5,000円近く取られます。

引越し業者を利用する場合は、一緒に引き取ってもらえることもありますが、荷物が少なくて自力で引越す人は、不用品も自力で処理しなければいけません。

 

そこで今回は、そんな単身引越し者向けに、不用品を超安く処分する方法をご紹介します。具体的に言うと、1点300~1,500円くらいで処分できます。

スポンサーリンク

基本料金は0円

1.地方自治体と民間業者の違い

最初に結論を言います。
一番安く処分する方法は「市区町村」に回収を依頼することです。地方自治体による各品目の回収費用は、民間業者のそれの半分以下で済みます。

そして何より大きいのは、基本料金がかからないことです。

 

2.基本料金って何?

民間業者に収集を頼むと、見積書に「基本料金」という項目がありますが、これは

  • 出張費
  • 車両費

で構成されています。出張費は遠ければ遠いほど高くなり、車両費はトラックの大きさで決まりますが、大体3,000~5,000円程度が相場です。地方自治体の場合、この基本料金は税金で補填されるので支払う必要はありません。

 

以降の情報は、私が千葉市で収集依頼した時のデータを参考にしています。他の市区町村だと若干違いがあるかもしれません。ご了承ください。

収集費用の相場

1.ほとんど300~400円

千葉氏の場合、収集費用は370円のものがほとんどでした。

  • アイロン台
  • 衣装ケース
  • いす(~15kg)
  • オーブンレンジ
  • カラーボックス
  • こたつ(~15kg)
  • コピー機(~15kg) etc

 

2.高くて1,500円

大型の家電・家具になると収集費用も高くなりますが、それでも1,500円程度です。

  • 椅子型マッサージ器
  • タンス
  • 本棚

注意が必要なのは本棚です。
カラーボックスを本棚として使っている人(私)は、本棚ではなくカラーボックスとして申し込みしてくださいね。料金が5倍近く変わるので。

 

収集までの流れ

  1. ネットで申し込み
  2. 受付完了メール届く
  3. 粗大ごみシール購入
  4. シール貼って出す

 

1.申し込み

申し込み方法は電話とネットの2種類があります。引越しシーズンは電話が込み合っていることが多いので、ネット申込みの方がおすすめです。申込フォームは、各自治体のHPで「くらし・手続き ⇒ ごみ ⇒ 粗大ごみ」みたいにいけば見つかると思います、

 

2.メール返信で受付番号確認

ネット申し込み後、4日以内に

  • 受付番号
  • 収集日時
  • 収集場所

が記載されたメールが届きます。収集場所は、マンションなら共有のごみ置き場であることがほとんどです。

 

3.納付券(粗大ごみシール)の購入

受付番号がわかったら、さっそく納付券(粗大ごみシール)を購入します。納付券は役所に行かなくても、コンビニのレジで買えます。「粗大ごみのシールください」と言えば、金額と枚数を聞かれるはずです。

間違って購入した場合、払い戻しはできないので、あらかじめ金額と枚数はよく確認しておきましょう。

 

4.出す

全てのシールに受付番号を記入したら、粗大ごみにシールを貼って出すだけです。収集日は、大体申し込みから1~2週間後くらいなので、出し忘れに気を付けてくださいね。

 

運び出しNG・日にち指定NG

  • 基本料金0円
  • 収集費用300~1,500円

などなど、ここまで自治体による粗大ごみ収集の利点ばかり書き連ねてきましたが、もちろんデメリットだってあります。

 

1.日にち指定NG

すでにお察しかもしれませんが、収集日は向こうが指定してきます。こちらから指定することはできません。申し込みから収集日まで1~2週間あるので、直前に粗大ゴミを処分したい場合は、こちらの方法が良いと思います。

⇒ 【引越し直前!?】予定外の粗大ゴミ・不用品を一瞬で処分する方法

 

2.運び出しはしてくれない

重くて下まで持っていけない
解体しないと運び出せない
ということもあると思いますが、自治体は運び出しはしてくれないので、自分で収集場所まで持っていけないものは収集不可です。

 

3.収集してくれないものもある
  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫

など、家電リサイクル法対象機器は収集してくれません。

 

4.民間業者に依頼しよう
  • 解体してほしい
  • 運び出してほしい
  • 収集日を指定したい

という場合は、民間業者にお願いするしかありません。料金は高いですが、融通は利きますし、家電リサイクル法対象機器も収集してくれるので便利です。

⇒ 【安く引越したい人必見!】不用品回収業者はこう選べ!

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ