外干しすると逆に濡れる!夜に洗濯物を干す時の4つの工夫

スポンサーリンク

朝は忙しいから夜に洗濯物干したいけど、ちゃんと乾くのか心配!

と悩んでいるあなた。
洗濯物を夜に外干しすると逆に濡れたりします。なので夜は部屋干しが基本ですが、部屋干しする際は4つ工夫を凝らす必要があります。

この記事では

  • 夜に洗濯物を干すデメリット
  • 夜に外干しがNGの理由
  • 夜に部屋干しする具体的な方法

を紹介します。

これまではちょっと無理してでも朝の忙しい時間に洗濯機を回していたかもしれません。

しかしこの記事を読んで夜に洗濯物を干せるようになれば、出かける前の慌ただしい時間に洗濯物を干さなくてもすみます。朝の時間にゆとりができて、ゆっくりコーヒーが飲めますよ。

スポンサーリンク

1.洗濯物を夜に干すデメリットは2つ

本題に入る前に1つだけ。
洗濯物を夜干すことには2つのデメリットがあります。

  1. 紫外線で殺菌できない
  2. 洗濯物が乾きにくい

 

1.1.紫外線で殺菌できない

洗濯物に日光が当たらないので、紫外線で殺菌できません。このため洗濯物の上で雑菌が繁殖して、イヤな臭いがついてしまうのです。私も夜に洗濯するようになってから、洗濯物の臭いが気になり始めました。

この臭いを避けるためには
洗剤や干し方などに注意する必要があります。

 

1.2.乾きにくい

なによりの難点は、夜は昼間に比べて気温が低いことです。温度が上がらないので、部屋干し・外干しどちらの場合でも洗濯物が乾きにくいです。

一晩で完全に乾かすには、干す場所に注意したり除湿機を使うなどの手間が必要になります。

 

2.夜の外干しがNGな理由は4つ

続いて、夜は外干しを避けた方がいい4つの理由を紹介します。。

  1. 虫の卵が付く
  2. 夜霜で濡れることがある
  3. 防犯上あまりよくない
  4. にわか雨が降っても気づきにくい

 

2-1.虫の卵が付く

蛾やカメムシなどが洗濯物に卵を産みつけることがあります。これは昼間でもたまにあるのですが、夜は昼よりも卵を産む確率が高いのです。

夜行性で湿気が大好きなゴキブリなども洗濯物に寄ってくることがあります。特に白い洗濯物が好まれますから、要注意です。

 

2-2.夜霜で濡れることがある

昼間に比べて気温が低いので、干してもしっかり乾かず生乾きになりがちです。また季節によっては夜露が下りて洗濯物が濡れることもあります。洗濯物を外に干してもしっかり乾くとは限らないのが困ったところです

 

2-3.防犯上あまりよくない

昼間と違って人の目が届かないので、下着ドロなどに洗濯物を持って行かれやすくなります。

一人暮らしの女性は特に気をつけなければ、洗濯物から女性一人だということがばれて、変質者に目をつけられることなどもあるそうです。嫌な思いをしないためにも、夜は洗濯物の外干しを避けた方がよさそうですね。

 

2-4.にわか雨が降っても気づきにくい

夜の間ににわか雨が降ると、洗濯物が濡れてしまう心配があります。私は熟睡型なので、一度寝たら雨が降ろうが槍が降ろうが起きません。気づかないまま朝起きたら洗濯物が濡れていた、なんてことがありました。

以上の4つの理由から、夜に洗濯物を外干しするのはやめた方がいいでしょう。夜に洗濯するなら部屋干しする方が無難です。

 

3.夜の部屋干しで洗濯物を早く乾かす方法

デメリットばかりを述べましたが、夜に洗濯物を干すことがダメなわけではありません。以下の4つのことに気をつけて部屋干しするだけで、夜に干しても洗濯物が臭わずしっかり乾きます。

  • 抗菌・殺菌力の強い洗剤を使う
  • 柔軟剤を使う
  • 洗い終わったらすぐに干す
  • なるべく風通しのよい場所に干す

 

3-1.抗菌・殺菌力の強い洗剤を使う

最近は「部屋干し用」の抗菌・殺菌力の高い洗剤が市販されています。肌に優しい自然派の洗剤を始め、酵素入りや消臭効果のある洗剤など種類もかなり豊富です。洗濯物の臭いの原因になる雑菌をしっかり洗い落としてから干せば、洗濯物が臭くならずにすみます。

 

3-2.柔軟剤を使う

柔軟剤を使えば、洗濯物にいい香りがつきます。最近の柔軟剤には速乾成分が配合されているものも多いので、少しでも洗濯物を早く乾かすためにも柔軟剤は必需品です。

 

3-3.洗い終わったらすぐに干す

洗ったままの洗濯物を洗濯槽の中に放置するのはNGです。せっかく洗った洗濯物に雑菌が繁殖してしまいます。

実は私はこれをよくやってしまうのですが、洗濯物が本当に臭くなります。結局、洗い直しする羽目になってしまうのです。何事もスピードが肝心。洗ってすぐに干せばそれだけ早く乾いて、雑菌もつきにくくなります。

 

3-4.なるべく風通しのよい場所に干す

もちろん干す場所はなるべく風通しがよくて乾きやすい場所です。たとえば部屋の中央は比較的風通しがよくて洗濯物が乾きやすいので、我が家ではX型の物干し台洗濯ロープなどを使って部屋の中央に干しています。他にも、

  • お風呂場や脱衣所に干して換気扇を回す
  • エアコンハンガーを使ってエアコンの真下に干す
  • サーキュレーターや扇風機を使って洗濯物に風を当てながら干す
  • 除湿機を使う

などの工夫で早く洗濯物を乾かすことができます。特に除湿機は必須です。部屋の湿度が高いと、乾くはずの洗濯物も乾きません。

 

4.夜に洗濯物を干すなら部屋干し

この記事の内容を振り返ってみます。

夜に洗濯物の外干しはNGな理由

  • 虫の卵がつく
  • 夜霜で濡れることがある
  • にわか雨に気づきにくい
  • 防犯上良くない

夜に洗濯物を干すなら4つの工夫を凝らす

  • 抗菌・殺菌力の強い洗剤を使う
  • 柔軟剤を使う
  • 洗い終わったらすぐに干す
  • なるべく風通しのよい場所に干す

これをしっかり覚えておけば、夜に干しても洗濯物が臭いません。夜はぐっすり眠れる上に、朝はのんびり食後のコーヒーが楽しめます。ぜひ試してみて下さいね!

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




ゴキブリ対策特集


置くだけ簡単! 
ゴキブリ駆除率90%以上の最強トラップ・罠


【知らなきゃ損】
冷蔵庫の下にいるゴキブリを簡単に駆除する方法


【中で繁殖して出てくる!?】
ゴキブリを掃除機で吸った時の対処法


【盲点だった!】
ゴキブリの意外過ぎる侵入経路


殺虫スプレー顔負け!
ゴキブリを一瞬で駆除する最強アイテム


駆除後のゴキブリを間近で見ることなく
簡単に処理する方法




コバエ対策ランキング


【台所でコバエが出た人必見!】
意外と知らない発生源と対策


【リビングでコバエを見たら】
最初に駆除すべき発生源はここ!


【朗報】お風呂で大量発生したコバエは簡単に撃退できるぞ!


【めんつゆ顔負け】コバエを根絶やしにする
最強トラップ 傑作選


【トイレにコバエがいたら要注意!】
発生源を確実に駆除する方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ