服の寿命を2倍にする染み抜き洗濯法!汗染みには合成漂白剤

スポンサーリンク

汗染みが漂白しても落ちない!

と悩んでいるあなた!
それは染み抜きの方法に問題があります。衣類の汗染みは、普通の漂白剤と”あるもの”を合成した合成漂白剤を使えば、30分で元通り真っ白になるのです。そこで今回は合成漂白剤の作り方と染み抜きの具体的な方法を3つ紹介します。

これまで洗濯や染み抜きをしても黄ばみが落ちないワイシャツは、あきらめて処分していたかもしれません。でも、今回ご紹介する3つの方法で染み抜きしてみて下さい。黄ばみも黒ずみもスッキリ落ちて、清潔感がUPします。また、ワイシャツが2倍は長持ちしますから、家計の節約にもなりますよ!

スポンサーリンク

1.汗に含まれる皮脂と色素成分が変色の原因

そもそも、なぜ汗で衣類が変色するのでしょうか。大きく分けて2つの原因が考えられます。

  1. 皮脂が原因
  2. リポフスチンが原因

どういうことなのか、詳しくご説明しましょう。

 

1-1.汗に含まれる皮脂は黒ずみの原因

汗には水分のほかに皮脂や塩分なども含まれています。皮脂は油汚れですから、冷たい水で洗濯・漂白しても、凝固してしまって汚れが落ちません

皮脂で汚れている部分に空気中の埃や汚れなどが付着すると、黒ずんでしまうのです。こうなると漂白剤が埃に邪魔されて皮脂まで届かなくなるため、漂白しても汚れが落ちなくなってしまいます

 

1-2.脇汗に含まれる色素成分で黄ばみができる

脇から出る汗には皮脂だけでなくリポフスチンという色素成分も含まれています。リポフスチンは紫外線や酸素と反応して変色する性質を持っているのです。このため、衣類の中でも脇の部分は特に黄色く変色しやすくなります

洗濯するときに汗がしっかり落ちていないままで外に干したりタンスにしまったりすると、リポフスチンが変色して衣類に黄ばみが出来てしまうのです。

 

2.手作り洗剤で汗染みを落とす染み抜き方法3選

では黄ばんだり黒ずんだりしたシャツを、真っ白に戻すにはどうしたらよいのでしょうか。ご家庭にあるもので作る強力な漂白剤と、手作り漂白剤を使用した染み抜きの方法をご紹介します。

 

2-1.重曹と酸素系漂白剤を混ぜる

【手順】

  1. 重曹と酸素系漂白剤を1:1の割合で混ぜる
  2. 1を40度くらいのお湯にとかして混合液を作る
  3. 歯ブラシで混合液を染み抜きしたい部分に塗る
  4. スチームアイロンかドライヤーで熱を与える
  5. ぬるま湯で軽くすすぐ
  6. 普通に洗濯する

 

【※注意点】

  • 白い衣類にのみ使う
  • 色物に混合液を塗ると色落ちする危険がある
  • 漂白剤は必ず酸素系漂白剤を使用する
    (塩素系漂白剤では効果がない)
  • 混合液を作るときは縁のあるお皿などを使用する
    密閉容器だと破裂する危険あり
  • 混合液を作るときはこすりすぎて衣類を傷めないようにする

汚れがひどい時や、衣類全体が黄ばんでいるときには衣類を混合液につけ置きするとよいでしょう。しっかりすすいでから洗濯機で洗濯すると、元通り白くなります。また酸素系漂白剤は、液体よりも粉末のものを使用する方が汚れがよく落ちます

 

2-2・2種類の酸素系漂白剤を混ぜる

【手順】

  1. 粉末の酸素系漂白剤と液体の酸素系漂白剤を1:3の割合で混ぜる
  2. 混ぜた漂白剤を歯ブラシで汚れに塗る
  3. スチームアイロンかドライヤーで熱を与える
  4. ぬるま湯で軽くすすぐ
  5. 普通に洗濯する

 

【※注意点】

  • 色柄ものに使用しない
  • 大量に作りすぎないようにする
    (長時間置いておくと漂白力が落ちてしまう)

 

2-3・漂白剤の代わりに中性洗剤を使う

この方法は色柄ものを漂白することもできます。中性洗剤は食器用洗剤やクレンジングオイルなどご家庭にあるもので大丈夫です。界面活性剤が多く含まれているものを選ぶと一層効果的ですよ。

 

【手順】

  1. 中性洗剤を汚れた部分につけて軽くこすり洗いする
  2. 40~50度のぬるま湯で皮脂を洗い流す
  3. ぬるま湯と液体酸素系漂白剤につけ置きする
  4. 普通に洗濯する

 

【※注意点】

  • 皮脂は水につけると固まるためぬるま湯を使って洗う
  • 熱湯を使用しない
    (熱湯につけると衣類が傷むため)
  • 色柄ものに使用する際には必ず液体酸素系漂白剤を使う
    塩素系漂白剤や粉末の酸素系漂白剤を使うと色落する危険がある

汗で染みができた衣類には、上記の方法で染み抜きをしてみて下さい。漂白剤につけただけでは落ちなかった黄ばみや汚れがすっきり落ちること請け合いです。

 

3.汗染みを防ぐ方法は?

これで汗染みが出来てしまっても安心!

なのですが、衣類は大事に着たいもの。染みを防ぐことが出来れば、もっと安心です。汗染みを防ぐ方法もご紹介しましょう。

 

3-1・脇汗パットや襟足ガードなどを使用する

脇や首回りなどは汗をかきやすいので、その部分をガードして肌が直接衣類に触れないようにしましょう。市販の脇汗パットが使いにくい時は、タオルや古着を小さく切って手作りしてみるのもおすすめです。女性なら襟もとにスカーフを巻くのもおしゃれですよ!

 

3-2・襟足部分や袖口にベビーパウダーを塗る

汗が生地に沈着するのを防いでくれます。シャツを糊付けするのも同じ効果があります。

 

3-3・50度のお湯を使って洗濯する

汗で衣類が濡れてしまったときにはこれが一番効果的です。脱いですぐお湯で洗っておけば、染みになる前にしっかり汗を落とすことができます。

 

4.こまめなお手入れで、清潔感UP!ワイシャツの寿命が2倍に!

今回ご紹介した内容をまとめます。

  • 汗が染みになるのは皮脂やリポフスチンが原因
  • 汗が衣類についたら水で洗濯・漂白しても落ちない
  • 黄ばみ・黒ずみになってしまったら、手作り漂白剤で漂白する
  • 衣類を大事に着たいなら染みを防ぐ

【手作り漂白剤3種類】

  1. 酸素系漂白剤+重曹(色柄もの×)
  2. 液体酸素系漂白剤+粉末酸素系漂白剤(色柄もの×)
  3. 中性洗剤→酸素系漂白剤(色柄もの○)

この方法でこまめに漂白・汗染みを予防すれば、ワイシャツの寿命は2倍になります。いつも白いシャツで、清潔感もUPしますよ。実践してみて下さいね!

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




ゴキブリ対策特集


置くだけ簡単! 
ゴキブリ駆除率90%以上の最強トラップ・罠


【知らなきゃ損】
冷蔵庫の下にいるゴキブリを簡単に駆除する方法


【中で繁殖して出てくる!?】
ゴキブリを掃除機で吸った時の対処法


【盲点だった!】
ゴキブリの意外過ぎる侵入経路


殺虫スプレー顔負け!
ゴキブリを一瞬で駆除する最強アイテム


駆除後のゴキブリを間近で見ることなく
簡単に処理する方法




コバエ対策ランキング


【台所でコバエが出た人必見!】
意外と知らない発生源と対策


【リビングでコバエを見たら】
最初に駆除すべき発生源はここ!


【朗報】お風呂で大量発生したコバエは簡単に撃退できるぞ!


【めんつゆ顔負け】コバエを根絶やしにする
最強トラップ 傑作選


【トイレにコバエがいたら要注意!】
発生源を確実に駆除する方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ