【車持っている人必見!】引越し後にするべき3つの手続き

スポンサーリンク

引越しはやることが多くて大変ですが、引越し後にもやらなきゃいけない事がたくさんあります。住所が変わるので、色んな手続きが必要になるんです。

  • 転入届
  • 国民年金の住所変更
  • 国民健康保険の加入手続き
  • 銀行口座の住所変更

などなど。この他にもたくさんあります。今回はその中でも、車に関する3つの手続きをご紹介します。

スポンサーリンク

運転免許証は、住所変更しない失効?

1.引越し後すぐに住所変更

運転免許証の住所変更は、引越し後できるだけ早く済ませてください。

  • 運転免許証
  • 住民票
  • 顔写真(他県からの引越の場合
  • 印鑑

を持って、新住所管轄の警察署 or 運転免許センターで手続きしましょう。

 

2.失効する危険あり

運転免許証を身分証として使っている人も多いと思いますが、住所変更していないと身分証として認められない場合があるので要注意です。

また、住所変更しないと「更新のハガキ」も届かないので、更新し忘れで免許失効なんて事態にもなりかねません。引越したらすぐに手続きしてください。

 

次は車庫証明書

次は「自動車保管場所証明書」、いわゆる車庫証明書の手続きです。新住所管轄の警察署で申請してください。必要書類は以下の通りです。

  • 申請書(警察署で貰える
  • 住民票 or 印鑑証明書
  • 印鑑
  • 保管場所使用権原疎明書面(自分の土地に駐車している場合
  • 保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合
  • 車庫・駐車場の所在地
  • 車庫・駐車場の配置図

 

車検証は最後でいい

1.車検証は15日以内

そして最後に自動車検査証(車検証)の住所変更をすれば終わりです。車検証の手続きは、引越しから15日以内に新住所管轄の陸運局軽自の場合は軽自動車検査協会)で済ませなければいけません。

  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 住民票
  • 印鑑
  • 申請書(申請場所でくれる)
  • 自動車税申告書(申請場所でくれる)
  • 手数料納付書(申請場所で買う)

見ての通り、車庫証明書が必要になるので、車検証の手続きは最後にしましょう。

 

2.ナンバープレートが変わる場合はもうひと手間

管轄の陸運局が変わるナンバープレートも変更されます。その場合、ETC搭載車だとETCの再セットアップが必要になるので、車会社に電話してみてください。

 

車は面倒臭い

  • 運転免許証
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明書)
  • 自動車検査証(車検証)

車を持っている人は、この3つの住所変更を忘れずに済ませてくださいね。

スポンサーリンク