【朝、寒くて起きれない人集合!】冬の最強寝坊対策

スポンサーリンク

どうも、ナージャです。
暦の上ではもう春なのに、まだまだ寒いですね。特に朝は冷え込みますから、起きるのがつらいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、私は冬でも毎朝6時に起床しています。今年に入ってから一度も寝坊・2度寝をしていません。ちょっとした工夫をするだけで、朝がつらくなくなるんです。

そこで今回は、私が実践している「冬の朝でも確実に起きれるノウハウ」をご紹介します(「ノウハウ」って、何だか怪しいネット教材みたいですよね(笑))。

スポンサーリンク

寒さで目は覚めるけど

目覚まし時計をベッドから離して置いて、布団から出ないと止められないようにすれば、寒さで目が覚める

という都市伝説がありますが、これって目が覚めても、結局寒いから布団の中に戻ってしまうんですよね。

目を覚ますことも重要ですが、それと同時に寒さをどうにかしないことには、布団から出ることはできません。

 

暖房かけても寒い

ならばどうするか。

私は、毎日寝る前に暖房のタイマーをセットしています。起床時間の30分前に起動し、起きる頃にはいい感じに部屋が温まっているように。

でもこれだけじゃ足りないんですよね。設定温度を高くしても、家具などの障害物があると、どうしても冷たいゾーンが出来てしまうので、微妙に寒いんです。

 

目覚ましの配置を工夫

そこで大事になってくるのが目覚ましの配置です。まず、目覚まし時計は最低2つ以上必要です。

 

1.聞こえないなんて言わせない

1つ目は枕元。「目覚ましの音が聞こえない」なんて事態を避けるために、絶対に聞こえる場所に、最大の音量で鳴るように設定して置きましょう。

 

2.暖かいゾーンに1つ

もう1つは、

  • 本棚や机などで温風が遮られない
  • 布団から出ないと止められない

という場所に設置しましょう。

 

3.冷たいゾーンを作る

これはできればでいいのですが、家具の配置を工夫して、2つ目の目覚ましを置いた「暖かいゾーン」と布団の間に、冷たいゾーンが出来るようにしてください。理由は後で説明します。

 

【重要】鳴らす順番に要注意

2つの目覚ましは、同時に鳴らしてはいけません。あえて間隔をずらした方が、目覚めやすくなります。

 

1.最初に鳴らすのは枕元

まずは確実に聞こえる枕元で、あなたの意識を夢の世界から引きずり出しましょう。

 

2.布団に入らなくてもいいや

次は体を布団から引きずり出します。
1つ目が鳴った5分後くらいに、2つ目の目覚ましを鳴らします。ここでさっき作った「冷たいゾーン」が役に立つんです。

冬の朝

暖かいゾーン」まで目覚ましを止めに行った後、布団に戻るには「冷たいゾーン」を通らなければいけなくなります。

ここ暖かいし、わざわざ布団まで戻ることないや」ってね。

 

これでも起きれない

この方法でも起きれない人は、もう寒さが原因ではありませんので、こちらの方法をお試しください。

⇒ 【朝起きれない人に贈る!】目覚まし時計のえげつない使い方

 

寝る時間は1.5時間の倍数

ノンレム睡眠
出典:http://wakojisyo.blog90.fc2.com/blog-entry-1722.html

最後に補足です。
ノンレム睡眠」がどうとかって話は聞いたことがありますか?

 

1.眠りの深さは1.5時間周期

簡単に言えば、眠りには「浅い眠り」と「深い眠り」があって、1.5時間ごとに眠りが浅くなるという話です。なので、睡眠時間は1.5時間の整数倍にすると寝覚めが良くなります。

 

2.寝付きが悪くて、時間が測れない

なかなか寝付けず、睡眠時間を細かく測定できない人は、まず寝つきを良くする必要があります。

⇒ 【夜、眠れない時は…】やらなきゃ損!10分で眠くなる方法

スポンサーリンク