【役所に行って終わりじゃない!】引越し時の忘れがちな手続き

スポンサーリンク

引越しすると色んな手続きが必要になってきます。

  • 転出・転居届
  • 国民年金加入手続き
  • 運転免許証の住所変更
  • ライフラインの開通

などなど。
この他にもたくさんあります。
今回はその中でも、特に忘れがちな3つの手続きをご紹介します。

スポンサーリンク

郵便物とかどうすんの?

1.郵便局にも転居届を出そう

まず引越し前
引越す直前に発送された荷物や、引越したことを知らない人が送った手紙などは、旧住所に届いてしまいます。それが重要な書類とかだったら大変ですよね。

しかし、事前に最寄りの郵便局に転居届を提出しておけば、提出後1年間、旧住所に届いてた荷物を無料で転送してもらえます。

 

2.ネット申し込みの場合はクレジットカードが必要

転居届は、役所に提出するのとは別物で、郵便局配布の物です。身分証と印鑑を持って窓口に行けば、転送手続が出来ます。

手続きはインターネットでも可能です。ただし、その場合は本人確認のためにクレジットカードが必要になるので、持ってない人は窓口に行きましょう。

でも、どうしてクレジットカードじゃないとダメなんでしょうか。不思議です。

 

銀行口座の住所変更

1.本人確認が面倒臭い

銀行口座の住所変更は、別にしなくても大丈夫は大丈夫です。今まで通り、ATMでは普通に「お引き出し」「お預入れ」「お振込」出来ます。ただ、本人確認が面倒臭いんです。

今後、様々な手続きで本人確認(住所も含む)が必要になると思いますが、そのとき住所変更していないと少しモメます。なので引越したら必ず口座の住所変更手続きをしてください。

 

2.引越し先に支店が無い場合

これは余談ですが、
もし引越し先に利用している銀行の支店が無い場合は、別の銀行で新しい口座を作った方が良いと思います。お金下ろす度に手数料払うのも馬鹿らしいですからね。

 

印鑑証明は色んな場面で必要になる

1.印鑑登録とは

最後に印鑑登録です。
これは文字通り、住んでいる市町村に自分の印鑑を登録することを指します。これにより、市町村という第3者が、あなたの印鑑の正当性を保証してくれるんです。

それ、必要なの?
何の役に立つの?
と思うかもしれませんが、意外と使うんです。

 

2.印鑑証明が必要な事例

  • 住宅ローンを組む
  • 土地の売却
  • 賃貸への入居
  • 土地の売買
  • 年金受給
  • 各種契約書の作成
  • 各種保険への加入
  • 自動車の購入・売却・破棄
  • 遺産相続

などなど、高額な金が絡む事例には、必ず印鑑証明が求められます。印鑑登録証最も信頼度の高い印鑑証明なので、必ず手続しておきましょう。

 

車がある人は、こちらも忘れずに

今回は忘れがちな手続きとして

  • 郵便物の郵送手続
  • 銀行口座の住所変更
  • 印鑑登録

をご紹介しましたが、この他にも必要な手続きはたくさんあります。特に車を持っている人は、こちらの手続きも忘れないように注意しましょう。

⇒ 【車持っている人必見!】引越し後にするべき3つの手続き

スポンサーリンク