【たった一言で半額?】引越し業者がつい値引きしたくなる交渉術

引越し料金高過ぎ!
何を基準に料金決めてんの?
って思ったことありませんか?

私も疑問に思って業者さんに聞いてみたのですが、衝撃の事実が2つ発覚しました。それは・・・・

  • 引越し料金には「定価」が無い(クロネコヤマトは別)
  • 値引き交渉されることを前提に、見積り金額を出す

つまり、引越しで値引き交渉しないと損するんです。もちろん、闇雲に値切っても安くなりませんがね。

そこで今回は、訪問見積もり時に使える「業者がついつい値引きしたくなる交渉術」をご紹介します。

 

根拠のない値引き交渉では引越し費用は安くならない

1.キリが良いから何なんだ!

キリが良いから6万を5万にして
たまに、こういう勝手な理由で値切る人がいますが、引越し業者は根拠の無い値切りが大嫌いです。場合によってはそこで破談ということにもなりかねません。

 

2.営業マンの気持ちになって交渉

これは値引き交渉に限った話ではありませんが、交渉というのは相手の気持ちになってするものです。この場合は「訪問見積もりに来た営業マン」の気持ちになりましょう。

キリが良いから」なんて馬鹿な理由で値引きしたら、彼らは上司に怒られてしまいます。逆にいえば、上司を納得させられる理由を私達が用意できれば、快く値引きしてくれるんです。

 

値引きしやすい時期に引越しする

1.業者が暇な時期に設定すると安くしてくれる

一番簡単な値引き交渉は
いつなら安くなりますか?
です。

引越し業者は、忙しい時は客が腐るほどいるので料金は高めに設定しますが、暇な時期は客を捕まえるために料金を低めに設定します。つまり、業者が暇な時期に引越してあげることで、安くしてもらおうという魂胆です。

 

2.引越しシーズンにも穴場がある

安くなるのは5月とかだろ
そりゃあ平日は安いだろうさ
2,3,4月はずっと忙しいよ!
と思うかもしれませんが、実は引越しシーズン(2~4月)中にも「業者が暇なタイミング」というのがあるんです。詳しくはこちら!

⇒ 単身引越し費用の相場!土日でも午後なら◯万円もお得!?

 

複数の引越し業者に値下げ合戦をさせる

業者が暇なタイミングが分かったら、次は他の業者と競争させましょう。複数の業者に訪問見積もりを依頼して、「他の業者さんの見積もりはこうだったんですけど」と言えば、勝手に値下げしてくれます。

 

1.ネットで一括見積もりを取る

まずは一括見積もりサイトを参考にして、訪問見積もりを依頼する業者を選びましょう。

一括見積もりサイトは嫌」
「利用後に一気に電話が来るんでしょ?」

と思うかもしれませんが、下のページで紹介してる一括見積もりサイトは電話番号不要で、ネット上で見積もり確認できます。

⇒ 単身引越し向け!おすすめ一括見積もりサイト3選

一括見積もりを取って
対応可能な業者の費用の目安・口コミを確認したら、訪問見積もりを依頼する業者を5社ほど選別しましょう。

 

2.訪問見積もりを依頼する

大体5~7社くらいに依頼して、順番に訪問見積もりしてもらいます。前の業者の見積もり額を伝えれば、次の業者はそれより安い見積もりを出してくれるので……

  • 1社目は1番安い業者
  • 最後は一番信用できる業者

にしましょう。「一番安い業者」は、ネットで一括見積もりをしたときに一番安かった業者のことです。

 

3.オークション形式は禁忌

面倒くさくない?
一気に呼んじゃおうよ!
といって、複数の業者を同じ時間に呼んで、オークション形式の訪問見積もりをさせる人がたまにいますが、これは絶対にやめてください

これは引越し業界ではタブー中のタブーです。これをやると、全ての業者が示し合わせたかのように「超高い見積もり(相場の5倍くらい)」を提示してきます。一切値引き交渉に応じてくれません。

 

引越し費用値引き交渉の極意

  • 根拠のない値切りはしない
  • 業者が暇な時に引越し日を設定
  • 複数の業者に訪問見積りを依頼

この3つを守れば、引越し料金は一括見積の半額位になります。