トイレの水位が低い原因はつまり!自力で水位を上げる方法

スポンサーリンク

トイレの便器の水位が低い原因はたくさんあります。

  • 単なる水の蒸発
  • トイレのつまり
  • トイレの故障
  • トイレタンク
  • 天気

そこで今回はトイレの水位が低い原因の突き止め方と、各原因ごとの「水位を上げる方法」を解説します。

トイレの便器に溜まっている水は、下水の臭いや虫の侵入を防ぐ上で無くてはならないものです。水位が低いまま放置しておくと、虫は湧くわ家中が臭くなるわで大変な自体になります。早めに対処しましょう。

スポンサーリンク

正常なトイレの水位

まず最初にトイレの水位の正常位置を確認しておきましょう。水位の正常位置は、中央の凹みがちょうど水で埋まってる状態です。

これは封水といって、水で栓がしてある状態です。下の凹みが水で埋まっておらず、封水がされていない場合は水位が低いと言えます。

水位が低いと、くぼみの下の排水路に隙間ができてしまうので、下から下水のニオイが上がってきてトイレが臭くなります。

引用元:町の水道修理センター

 

まずはトイレの水位が低い原因を突き止めよう

水位が低いことが確認できたら、今度はどうして水位が下がったのか、その原因を突き止めましょう。原因を突き止める方法を以下に示します。

  1. バケツに水を入れる
  2. その水をトイレに流し込む
  3. 1時間放置して様子を見る

これで水位が上がるか低いままかどうかで、トイレの水位が低くなった原因がわかります。主な原因は以下の6つです。

 

トイレの水位が低い原因1:水が蒸発した

水を入れて放置して、水位が正常位置に戻った場合は、単にトイレの水が蒸発しただけの可能性が高いです。

旅行などで長期間家を空けていた場合、トイレの水が蒸発して水位が下がることがよくあります。夏場だと1日空けるだけで蒸発したりします。

これは普通に水を流せば、正常な水位に戻るのでそこまで問題ではありません。

 

トイレの水位が低い原因2:タンクから水が流れていない

水を入れて放置して水位が正常に戻った場合で、その後もう1回トイレを使ったらまた水位が低くなった場合は、トイレタンクから水が流れていない可能性が考えられます。

トイレタンクを開けて、中に水が溜まっているか確認してみてください。

 

止水栓を開けて水位を上げる

もしトイレタンクが空の場合は、止水栓が閉まっています。直ちに止水栓を開けましょう↓


出典:https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy5.html

 

トイレタンクに問題がある

トイレタンクには水が溜まっているのに、トイレタンクから水が流れていないっぽい場合は、トイレタンクの中に問題があります。具体的には以下の3つの原因が考えられます。

  • ゴムフロートが動かなくなっている
  • 浮き玉が浮いていない
  • ボールタップが可動してない

トイレタンクの中は下画像のようになっています。


出典:https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy5.html

まず考えられるのが、鎖が切れてゴムフロートが動かなくなっているケースです。その場合はホームセンターで鎖を購入しましょう。もしゴムフロートが水垢でくっついている場合は、ブラシで掃除してください。

2つ目に考えられるのは、浮き玉がタンク内壁の汚れなどに引っかかっているケースです。この場合もブラシで汚れを取り除いてください。

3つ目はボールタップが可動していないケースです。これも汚れが原因なので掃除すれば解決します。

 

トイレの水位が低い原因3:水道工事中

バケツ1杯の水を入れて1時間放置しても水位が低いまま戻らない場合、まず考えられる原因は「近所で水道工事をしている」ケースです。というのも、近所で水道工事が行われている場合、一時的にトイレの水位が下がることがあるんです。

これは工事が終わるまで待つしかありません。

 

トイレの水位が低い原因4:トイレのつまり

水を入れても水位が戻らず、近所で水道工事も行われていない場合は、トイレがつまっている可能性が高いです。トイレがつまっていて水位が低くなる場合は、最初は水位が正常か少し高いのに、時間とともにゆっくりと水位が下がっていきます。

 

トイレがつまると水位が下がる理由

「なんでトイレがつまって水位が下がるの?むしろ上がらない?」と思う人もいるかもしれません。確かにトイレが完全につまると水位は高くなります。しかし、中途半端につまっている状態だと、むしろ水位が低くなることが多いんです。

例えば、トイレの奥や排水管に便やトイレットペーパーが詰まっていると(ちゃんと隙間は空いているので一応水は流れる状態)、排水管の中で止まっている便やトイレットペーパーが水を吸ってしまうんです。その結果、便器内の水位が下がってしまいます。

また、水に溶けない異物がつまっている場合も、便やトイレットペーパーがその異物に引っかかってしまうことが多く、トイレットペーパーが水を吸って水位が下がることが多いんです。

 

トイレのつまりを直して水位を上げる

トイレがつまっているっぽい場合は、何がつまっているかで対処法が変わってきます。

 

・水に溶けない物をつまらせた場合

水に溶けない異物を流してつまらせた場合は、異物を引っ張り出さなければいけません。「水に溶けない異物」の具体例を以下に示します。

  • 普通のティッシュ
  • 海外製の安いトイレットペーパー
  • 猫砂
  • 指輪などアクセサリー
  • スマホ

これら異物をつまらせた場合は、ラバーカップ(すっぽん)を使って異物を引っ張り出しましょう。ラバーカップには和式用・洋式用・節水型用の3種類があります。普通の洋式トイレの場合は、下の画像のように、先端に突起がついたものを使いましょう。

洋式用ラバーカップ
出典:http://framgang.net/archives/1422.html

ラバーカップの基本的な使い方は以下の通りです。

  1. 先端の突起を排水口に合わせる
  2. ラバーカップをゆっくり押す
  3. ラバーカップを勢いよく引く

ラバーカップの種類や詳しい使い方に関しては以下のページを御覧ください。

⇒ 押しちゃダメ!?ラバーカップの正しい使い方

 

・トイレットペーパーやお掃除シートをつまらせた場合

異物を流した覚えがない人は、トイレットペーパーやお掃除シート(水に流せるタイプ)が詰まっている可能性が高いです。これはあまり深刻に考える必要はありません。どちらも水に溶けるものなので、3~4時間ほど放置しておくと勝手に直ることが多いです。

なかなかつまりが解消されない場合は、ラバーカップで引っ張り出すか、お湯や重曹などを流してつまっているトイレットペーパーを溶かしましょう。トイレに流せるタイプのお掃除シートはなかなか溶けないので、お酢と重曹を使って溶かすと良いです。詳しいやり方は以下のページを御覧ください。

⇒ 【トイレの詰まりは溶かして解決!】業者顔負けの最強対処法!

 

トイレの水位が低い原因5:トイレの故障

水を入れても水位が戻らない場合、トイレが故障している可能性も考えられます。便器が割れていたり、最近便器に何かぶつけた覚えがある人は、可能性が高いです。これは素人が自力で直すのは難しいです。業者を呼んだ方が良いです。

 

トイレの水位が低い原因6:排水設備の故障

一番最悪なのはトイレ便器の下の排水設備が故障しているケースです。排水設備の故障は風が強い地域に多いです。というのも、強風で排水管内の中の気圧が下がると、便器に溜まってる水が排水管に流れ出してしまうんです。あとは老朽化なども考えられます。これも自力で直すのは難しいです。

 

トイレの水位を自力で上げるのが難しい場合

  • トイレのつまりが深刻で自力ではどうにもならない
  • トイレの便器が壊れているっぽい
  • 便器の下の排水設備が壊れているっぽい

などの場合は、自力ではトイレの水位を上げることはできません。トイレの水位が低いままだとトイレが臭くなり、害虫がたくさん発生してしまいます。早めに水道業者を呼んで修理してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク