【味の革命!】冷凍保存した肉を、100倍美味しく解凍する方法

スポンサーリンク

「お肉も冷凍保存すれば長持ちする」
「でも、長くても1ヶ月しか持たない」
「てか、味落ちるよね?
と思っている、そこのあなた!

確かに、私も味は落ちると思います。
こんなの当たり前ですよね。冷凍しようがしまいが、時間が経てば肉の味は落ちます。「冷凍すれば肉の変質を止められる」なんて言っても、完全に止めることは不可能です。

 

しかし、工夫次第では、肉の味をできるだけ保つことは可能です。「冷凍前より美味しい」というのは難しいにしろ、「冷凍前とほとんど変わらない美味しさ」は、今回紹介する方法を徹底すれば、実現できます。

スポンサーリンク

冷凍する前に

1.水気を拭き取る

肉の表面にある水気は、臭みの原因になったり、雑菌を繁殖させて消費期限を短くする原因となるので、冷凍する前に、クッキングペーパーで軽く拭き取っておきましょう。

 

2.味付け

冷凍する前に、調味料で味付けしたり、タレに漬けておくと、雑菌が表面に寄生しにくくなります。これにより、肉の変質を抑えることが出来るので、味の劣化も緩和されます。

 

  • 水気を取る
  • 冷凍前に味付けをする

この2つは、味の劣化を防ぐことはもちろん、消費期限を延長させる意味合いもある重要な手順です。冷凍肉の消費期限を延ばす方法の詳細は、こちらをご覧ください。

⇒ 【知らなきゃ損!】肉の消費期限を極限まで延ばす冷凍保存法

 

急速冷凍で旨みを逃がさない

冷凍肉を解凍する時、赤い液汁が出たことってありませんか? あれはドリップという肉汁で、旨みや栄養分をたくさん含んでいます。

これが外に出るということは、要するに「美味しさ」が逃げてしまっているということなんです。これを防ぐには、急速冷凍するしかありません。

 

1.急速冷凍機能

冷凍するのに時間がかかると、細胞が壊れ、解凍時にドリップが出やすくなってしまいます。凍るまでの時間を短くするために、以下の3つを徹底してください。

  • 冷凍庫に詰め過ぎない
  • 冷凍庫の温度を下げる
  • 急速冷凍機能を使う

急速冷凍機能が無い」「冷凍庫の温度を変更できない」という場合は、金属を敷きましょう。

 

2.金属は冷えやすい

肉の下に、熱伝導が良い金属板を敷くことによって、冷凍するまでの時間を短くすることが出来ます。金属は、アルミトレーとかで構いません。

 

レンジで解凍したらダメ!

解凍の方法によっても、肉の味は損なわれます。

 

1.冷蔵庫で解凍するのが基本
  • 室温に放置
  • 水につける
  • お湯につける

など、急に温めると、これまたドリップ(肉汁)が出る原因になってしまうので、冷蔵庫で、2~3時間くらいかけて解凍してください。「半冷凍」くらいにしてから調理するのが理想です。

 

2.電子レンジは水分を加熱する

よく、なんでもかんでも電子レンジで解凍する人がいますが(私、これでした)、電子レンジは、電磁波で食品内の水分を温める機械です。

肉の中の水分、つまり肉汁を電磁波で温めるわけですから、味が大幅に変わってしまいますよね。なので、冷凍肉の解凍に、電子レンジは絶対に使用しないでください。

 

旨みを逃がさない

冷凍肉を美味しくいただくには

  • 冷凍前に表面の水気を取る
  • 冷凍前に味付け
  • 急速冷凍する
  • 冷凍する際、アルミトレイを下に敷く
  • 冷蔵庫で解凍する
  • 電子レンジは絶対に使用しない
  • 半冷凍」状態になったら調理

これを徹底しましょう。

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ