【10秒で終わる!】網戸に付いた白い卵の駆除方法 & 予防法

スポンサーリンク

網戸って便利ですよね。
だって風だけ通して、虫は通さないんですから。虫嫌いにとっては頼もしいことこの上ない存在と言えるでしょう。

ところが先日、そんな網戸先輩に奇妙な物体(上画像)が付着しているのを見つけてしまいました。

  • 白いビーズみたい
  • 10個以上の塊
  • 何かの卵?

今回は、この謎の物体の正体を暴くとともに、その「正しい駆除方法」と「予防法」も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

あのクサイ虫の卵

1.カメムシの卵

正体はカメムシの卵です。
カメムシと言えば、悪臭をまき散らす害虫としてお馴染みだと思います。動いているだけでも気持ち悪いのに、その上、屁をこくなんてとんでもない奴です。

カメムシが卵から孵化するまでにかかる時間は1週間ちょい。見つけたらすぐに駆除しなければ手遅れになります。

 

2.網戸だけじゃない

ちなみに、カメムシは網戸だけでなく、洗濯物にも卵を産み付けるそうです。気付かずに取り込んでしまった日には、家の中でカメムシが孵化してしまうので、外干ししている人は注意してください。

 

クラッシュ or ファイア

私は網戸に付いた卵に対し、さっそくアースジェットをブチかましましたが、粘着力が強いのか、ビクともしませんでした。

 

1.取って潰す、それだけだ。

カメムシの卵を駆除する最も簡単な方法は、引っぺがして潰すことです。
注意点は2つ。

  • 部屋の中に落とさないようにする
  • 必ず潰す

ガムテープに卵をくっつけて、包んで潰すのが一番確実だと思います。

 

2.炎上、炎上!!

近くで見たくない
潰すの怖い
という人は、燃やしましょう。
ライターなどであぶると、卵はもう孵化できなくなります。

ソト(SOTO) でかマッチ ST-481

ライターを使うと手元が危ないので、私は着火マンを使いました。これならある程度離れた場所から卵を燃やせますしね。

ただし、燃えた卵が下に落ちて引火しないように、あらかじめベランダから物を撤去し、水を用意してから燃やすようにしてくださいね。

 

臭い虫には臭いで対抗!?

カメムシの卵の駆除は面倒臭いですし、もし見逃して孵化した日には大惨事です。しっかり予防して、余計な手間を省きましょう。

 

1.ベランダに植物は置かない

カメムシに限らず、虫は餌が豊富な場所に卵を産み付けます。カメムシの餌は種類によっても異なりますが(肉食と草食がいる)、ベランダに出るタイプは、大抵植物を餌としています。

ベランダで植物を育てている人は、撤去した方が良いと思います。野菜などの食物を育てている人は特にそうです。植物はカメムシだけでなく、コバエの発生原因にもなるので注意してください。

⇒ 【観葉植物がある人必見!】土に潜むコバエを確実に駆除する方法

 

2.ハッカ油のニオイを食らえ!

植物は私の家族だ
撤去なんてできるわけない
という方は、ハッカ油スプレーを撒いておきましょう。

ハッカ油P 20ml

  • ハッカ油:10滴
  • 水:100ml

この分量で混ぜれば、ハッカ油スプレーの完成です。これを網戸やプランターにスプレーすれば、ある程度の忌避効果が期待できます。

 

1匹たりとも入れるな!

  • 網戸の白い粒粒はカメムシの卵
  • カメムシは悪臭をまき散らす
  • ガムテで取って潰す
  • 着火マンで燃やす
  • ベランダに植物を置かない
  • ハッカ油には忌避効果あり

スポンサーリンク