【効き過ぎ注意!】アロマオイルの賢い使い方(ゴキブリ対策)

スポンサーリンク

アロマオイルは、ゴキブリを駆除するのではなく、忌避する(寄せ付けない)効果があるので、害虫を見なくて済みます。虫嫌いにとっては持って来いのアイテムです。

 

前々回の記事では、ゴキブリが苦手なハーブの中でも、特に栽培しやすいものを、前回の記事では、アロマオイルのおすすめメーカーをご紹介しました。

 

しかし、使い方が間違っていると、効果が激減してしまいます。そこで今回は、私が今まで試した中でも、特に効果が高かったアロマオイルの使い方をご紹介します。

 

(1)手作りアロマ芳香剤

アロマオイルを数滴垂らした小皿を、置いておくだけでも、忌避効果は期待できますが、すぐに蒸発してしまうので、コスパが悪いです。

 

天然由来のアロマオイルは値段が高いです。1滴1滴をもっと大事に使いたいあなたには、手作りアロマ芳香剤をおすすめします。

 

①重曹と混ぜるだけ

重曹ちゃん 1kg

アロマ芳香剤の作り方は至って簡単。

1.材料

  • アロマオイル 3滴
  • 重曹 200ml

 

2.手順

  1. 密閉容器に重曹を入れる
  2. 容器にアロマオイルを垂らす
  3. 蓋をして、容器を振って混ぜる
  4. 冷蔵庫で2日寝かせる

 

②使い方

出来上がったら、アロマ芳香剤を小さなコップに取り分けて、キッチン周りなど、ゴキブリが侵入してきそうな場所に置いておきましょう。効果が持続するのは1週間~2週間です。

 

重曹は、消臭や掃除にも使える優れものです。香りが弱くなった芳香剤は、排水口に撒いて、消臭剤として活用しましょう。これはこれで害虫対策になります。

 

(2)アロマ除菌スプレー

虫除けスプレー

シンクの隙間などのキッチン周りは、代表的なゴキブリの侵入路として知られています。そこでいい仕事をしてくれるのが、アロマオイル除菌スプレーです。

 

①作り方

アルコール除菌スプレー50mlの容器の中に、アロマオイルを5,6滴垂らすだけです。

⇒ 忌避効果の高いアロマオイルはこれ!

 

②使い方

通常のアルコール除菌スプレーと同様に、よく振ってから使いましょう。除菌とゴキブリ対策が同時にできるので、一石二鳥です。

 

(3)虫(G)除けスプレー

アロマオイルは、肌に塗れば虫除けにもなりますが、原液を直接塗ると、肌荒れやかぶれの原因になったりします。また、精油の中には、毒性があるものもあるので注意が必要です。

 

少量のハッカ油なら、人体に入っても害はありませんので、虫除けスプレーは、ハッカ油を使いましょう。

 

以下の材料を混ぜ合わせれば、簡単に虫除けスプレーが完成します。

  • 水 100ml
  • 無水エタノール 10ml
  • アロマオイル 1滴

 

まとめ

アロマオイルの賢い使い方

  • 重曹と混ぜて芳香剤にする
  • アルコール除菌スプレ―に垂らす
  • 水・無水エタノールと混ぜて虫除けスプレーにする

 

アロマオイルの選び方が分からない方は、こちらを参照してください。

⇒ 忌避効果が高いアロマオイル & おすすめメーカー

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ