【知らなきゃ損!】肉の消費期限を極限まで延ばす冷凍保存法

スポンサーリンク

どうも、ナージャです。
前回は、冷凍保存した肉の「本当の消費期限」を紹介しました。意外と短くてびっくりした人も多いと思います。

肉の種類によっても違いますが、冷凍肉の消費期限は、大体2~4週間です。鶏肉なんて、下手したら1週間くらいしか持ちません。

 

そこで今回は、冷凍肉の消費期限を極限まで伸ばすために、できることをまとめてみました。これによって1~2週間は延長されるはずです。

スポンサーリンク

腐ってから冷凍しても後の祭り

本題に入る前に1つだけ。
冷凍保存するなら、買ってすぐ、新鮮なうちに冷凍してください。「消費期限内のうちに冷凍すればOK」なんて思っているかもしれませんが、肉は刻一刻と鮮度が落ちていきます。鮮度が落ちるほど、冷凍した時の保存期限も短くなるので要注意です。

 

水分が多いと早く腐る?

ここからが本題です。
牛・豚・鶏の消費期限は、牛肉が最も長く鶏肉が最も短いです。これは冷凍しても変わりません。なぜ肉の種類によって違うかというと、それは肉に含まれている水分量が違うからです。

 

1.水が多いとどうなる?

鶏肉は、肉に含まれている水分量が最も多いです。この水気が肉の表面に出てくると、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、結果的に消費期限が短くなります。

 

2.冷凍する前に

ではどうするか。
簡単です。
冷凍する前に、クッキングペーパーで肉の表面にある水気を拭き取ってしまえばいいんです。こうすることで、消費期限が延びるだけでなく、肉の臭みも取ることが出来ます。

 

冷凍しても、空気に触れれば酸化する

肉の表面の脂は、空気に触れると酸化し、変色してしまいます。凍らせた状態でも酸化するので、冷凍する際は、必ず空気に触れないように密閉してくださいね。

  1. ラップに包む
  2. ジッパー付パックに入れて密閉

この際、1食ずつ分けて保存すると、食べる時、楽ですよ。

 

「調理」してから冷凍

そして、最も消費期限を延ばしてくれるのがこれ。
冷凍する前に、「調理」するかしないかで、消費期限が1~2週間くらい変化します。

  • 焼く
  • 茹でる
  • 調味料で味付け
  • 漬ける

 

1.焼く・茹でる

加熱することで、殺菌効果が期待できる他、肉の変質・腐敗がストップする(完全に止まるわけじゃない)ので、冷凍保存した場合の消費期限は、飛躍的に高まります。

 

2.味付け・漬ける

調味料や香辛料で味付けしたり、タレに漬けると、肉の表面に雑菌が寄生し難くなるので、これまた肉の寿命が大幅に延命されます。

 

一人暮らしだと、持て余しがちな「生鮮食品」

肉などの生鮮食品は、買ってすぐ食べなければ腐ってしまうため、一人暮らしだと「まとめ買い」が出来ず、非常にコスパの悪い食品です。しかし、

  • 新鮮なうちに冷凍
  • 冷凍する前に水気を取る
  • 密閉して空気を遮断
  • 冷凍前に調理

など、工夫して冷凍すれば、一人でも十分食べ切れるくらい、消費期限を延ばすことが可能なんです。ぜひお試しあれ。

 

でも、冷凍すると味が落ちるよね

しかし、消費期限をいくら延ばしても、それによって味が悪くなるんじゃ意味がありません。どうせ食べるなら、美味しくいただきたいものですよね。

それにはどうすればいいか。
これは下の記事で詳しく掘り下げているので、気になる方は、合わせてこちらもチェックしてみてください。

⇒ 【味の革命!】冷凍保存した肉を、100倍美味しく解凍する方法

スポンサーリンク





トイレの詰まり特集


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!


【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?
ラバーカップの正しい使い方


【ラバーカップのサイズが合わない人必見!】
洋式トイレにはこれ


【衝撃!!】トイレの詰まりを放置したらこうなった……




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ