【引越し前しかできない!】新居のゴキブリを根絶やしにする方法

スポンサーリンク

ゴキブリは暗くて湿度の高い環境を好むので、空き家は絶好の住処です。そのため、引越し直後の新居でゴキブリが出ることは珍しくありません。空き家である時間が長いほどGはたくさんいます。

ゴキブリは夜行性なので、昼間は息をひそめています。物件を内見する時間帯は昼なので、内見でゴキブリの有無を確認することは難しいでしょう。これからの新生活をより良いものにしたい人は、今回ご紹介する引越し前のゴキブリ対策を実践しましょう。

スポンサーリンク

バルサンやるなら引越し前

今回ご紹介するゴキブリ根絶法ではバルサンも使用します。荷物を運び入れた後だと煙が隅々まで行きわたらない可能性があるので、荷物を運び入れる前にやってほしいです。

 

1.使うのはバルサン(黒)

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g

まずはバルサンを焚いて、今いるゴキブリを一掃しましょう。この際に使用するバルサンは、オレンジではなく黒い方です(黒は耐性ゴキブリにも効果がある)。

新居に潜むゴキブリには、以下の2種類がいます。

  • 部屋の中に巣がある
  • 部屋のに巣がある

前述の通りゴキブリは夜行性なので、昼にバルサンを焚いても部屋の中にいるゴキブリしか駆除できません。1と2のゴキブリが両方部屋にいる夜に焚いた方が効果的です。

 

2.消防車が来ないように

煙式の火災報知器は、バルサンの煙を検知します。「新居に戻ったら、消防車が来ていた」なんてことにならないように、しっかりビニール袋で包みましょう。

輪ゴムで止めるだけだと、外れてしまうことが多いので、私はガムテープで固定するようにしています。

 

3.完全に閉め切る

バルサンを焚く前に、お部屋を閉め切る必要がありますが、ドアや窓を閉めるだけでは足りません。換気口もしっかり塞ぎましょう。

 

4.丸1日放置

バルサンを焚いている間(1日)は、家の外に出ていなければいけません。引越してからだと、夜、外泊しなければいけなくなるので、やはりバルサンを焚くのは引越し前です。

 

ゴキブリの侵入路閉鎖

侵入路閉鎖

新居にいるゴキブリを駆除したら、今後Gが来ることに備えて、あらかじめ侵入ルートを塞いでしまいましょう。

ゴキブリの侵入経路は

  • キッチン周りの隙間
  • 水道の配管周り(棚下)
  • ベランダの排水口
  • 窓・網戸の隙間

などが挙げられます。ゴキブリが入ってきそうな隙間は、テープ透明ボンドを使えば、簡単に塞ぐことが出来ます。ベランダの排水口は、ステンレスの網をかけるといいですよ。

⇒ 【盲点だった!】ゴキブリの意外過ぎる侵入経路と最強対策

 

引越し業者は決めた?

1.ここまでのまとめ

引越し前にするべきゴキブリ対策

  • 夜にバルサン(黒)を焚く
  • 侵入路をを塞ぐ

 

ゴキブリの侵入路

  • キッチン周りの隙間
  • 水道の配管周り
  • シンクの隙間
  • 網戸と窓枠の隙間
  • ベランダの排水溝

 

2.連絡先不要の引越し見積サイト

さて、今回は引越し前のゴキブリ駆除方法を紹介しました。ところで、引越し業者はもう決めましたか?

決めてるならいいんです。
ただ、もしまだ決めていないなら、こちらの記事↓で書いている方法で引越し業者を比較してみてください。業者選びがすぐ終わります。

⇒ 【電話番号・メアド不要】迷惑電話0の引越し一括見積サイト

 





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ