【エアコン暖房】温度を1度下げると電気代は5%安くなる

スポンサーリンク

エアコンは電気代が高い
節電しなければ!!
暖房の設定温度は20度
と騒いでいる人、あなたの周りにはいませんか?

私の所にも、こういう「節電強硬派」がたくさんいますが、そもそも何を根拠に「20度」にこだわるのかよく分かりませんよね。

そこで今回は、

  • 温度を下げると
    どれくらい安くなるのか
  • なんで20度なのか

を調べてみました。

スポンサーリンク

暖房電気代は温度1度下げる毎に5%安くなる

1.冷房は10%安くなるのに…

まず最初に電気代の下がり方ですが…
暖房の電気代は、1度下げる毎に少しずつ安くなるそうです。20度を境に劇的に変わるわけではないんですね。だったら20度にこだわる必要はない気がしますが。

具体的には、1度下げるごとに5%程安くなるんだとか。1度上げる毎に10%安くなる冷房と比べると、下がり幅が小さいです。どうして暖房の方が電気代がかかるんでしょうか。

 

2.エアコンは、冷房より暖房の方が電気代が高くなる

冷房より暖房の方が電気代が高い理由は、冬の方が設定温度と外の気温の差が大きいからです。

例えば夏。
外の気温は30℃くらいですよね。仮に冷房の設定温度を18度としても、温度差は12度しかありません。

それに対し冬は
外の気温は0℃くらい。暖房の設定温度を20度にしたところで温度差は20度あります。温度差が大きければ大きいほど、エアコンは多くの電力を消費するので、暖房の方が電気代が高いのは当然ですよね。

 

温度を下げるほど電気代の下がり幅も小さくなる

話を元に戻します。
1度毎に5%安くなる
と言われてもいまいちピンと来ないと思うので、金額で表してみました。

例えば23度で7,000円なら…
22度で6,650円(-350
21度で6,317円(-333
20度で6、001円(-316

これを見ても分かる通り、設定温度が低くなる程、1度下げた時の電気代の下がり幅は小さくなります。言い換えると、「28度から27度にした時は1,000円安くなったけど、21度から20度にした時は300円しか安くならない」みたいなことになるってことです(金額は適当)。

 

暖房の推奨設定温度が20度の理由

そこで出てくるのが20度。
恐らくこれが1度毎の電気代の下がり幅が、目に見えて分かるボーダーライン」なんだと思います。これ以上温度下げても、あんまり安くならないんじゃないでしょうか。

それに20度以上にすると、部屋の中と外の温度差が大きすぎるので、外出がつらくなりますからね。色んな意味で「ギリギリの設定温度なんだと思います。

 

20度とか無理!
25度じゃないと冬を越せない
という場合は、こちらの方法がおすすめです。

⇒ 【設定温度20度でも体感25度!?】エアコン暖房の最強節約術 

 

暖房20度の電気代はこたつをほぼ同じだけど

ここまでの内容を一旦まとめます。

  • 暖房は冷房より電気代が高い
  • 暖房の電気代は、
    1度下げると5%安くなる
  • 温度を下げる毎に電気代の下がり幅は小さくなる
  • 20度以下にしても電気代は大差ない

今回はエアコン暖房の電気代についてお話しましたが、やはりエアコンはコスパが悪いです。温度を20度にすれば、電気代はこたつを大差ないくらいまで安くなりますが、こたつと比べて凄く寒いです。

一人暮らしなら、もっとコスパのいい暖房器具を使った方が良いと思います。詳しくはこちら↓

⇒ 【こたつより電気代が安い!?】一人暮らし必見!最強暖房器具

スポンサーリンク