【賃貸住人必見!】壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法

スポンサーリンク

賃貸に住んでいて一番恐いことは、何と言っても「汚れ・破損」です。ちょっとでも壊したり汚したりすると、退去時に莫大なクリーニング代を請求されますからね。(or 敷金が返ってこない)

中でも壁のカビは特に厄介です。壁紙を張り替えなきゃいけないので、まず敷金は返ってこないでしょうね。
でも大丈夫。
今回ご紹介する方法を使えば、大抵のカビは綺麗さっぱり落とすことが出来ますから。

スポンサーリンク

壁紙の種類によって方法が違う

1.カビは取れても…ね?

一口に壁紙と言っても色々ありますよね。色や模様も様々です。カビ取りはそれぞれに合った方法を選ばないと、カビは取れても別の問題が発生します。

 

2.別の問題とは?

真っ白で単純な模様なら、通常のカビ取り剤(カビキラーetc)を使えば簡単に取れます。しかし、これが

  • 濃い色
  • 白以外の色
  • 複雑な模様

だと、カビ取り剤の漂白作用で「変色」「色落ち」してしまいます。

 

カビ取り剤は直接付けない

とは言っても、大抵の場合、壁紙は真っ白だと思うので、まずは白い壁紙のカビ取り方法からご紹介します。

手順は至って簡単。

  1. マスクとゴーグルを着用
  2. にカビ取り剤を付ける
  3. その布でカビを拭き取る
  4. 水雑巾で軽くふく
  5. ドライヤーで乾かす

 

カビ取り剤は直接付けると、材質によっては模様が変わったりするので、雑巾などの布に付けて使ってください。

カビを取った後は、必ず水雑巾でカビ取り剤を取り除いてください。ちょっとでも残っていると、黄ばんだりマダラに漂白されたりしますので。

 

どんな壁でも使える方法はこれ

1.白じゃない壁にはアルコール

白じゃない壁には、消毒用アルコール(エタノールなど)で濡らした布で、カビ部分を軽く叩くように拭き取りましょう。アルコールには殺菌効果があるので、これでカビは死滅します。

 

2.黒ずみが消えない

ただ、アルコールはカビの残骸を分解することはできないので、カビの度合いによっては、黒ずみが取れないことがあります。。その場合は壁紙を張り替えるしかありません。

「張り替えって金かかるじゃん
と思うかもしれませんが、実は無料で新品の壁紙を入手する裏ワザがあるんです。

⇒ 同じ壁紙を無料で取り寄せる方法

 

カビ取り後は「カビ予防」

白い壁紙なら……

  1. マスクとゴーグルを着用
  2. 布にカビ取り剤を付ける
  3. その布でカビを拭き取る
  4. 水雑巾で軽くふく
  5. ドライヤーで乾かす

 

それ以外の壁紙なら、

  1. アルコールで布を濡らす
  2. 軽く叩くように拭く
  3. ドライヤーで乾かす

 

カビ取りに成功したら、2度とカビが発生しないように予防しましょう。カビの予防策に関しては、こちらの記事で詳しく掘り下げているので、気になる方はどうぞ!

⇒ 【湿度を下げるだけじゃダメ!】お部屋の最強カビ予防策

スポンサーリンク