【なぜか電気代が高い人必見!】原因はこいつだ!

スポンサーリンク

どうも、ナージャです。
ここ3ヶ月間くらい、節電してます。
というのも、一人暮らしのワンルームなのに電気代が1万円を超えたからです。

節電を始めてからというもの、電気代がみるみる下がり、大体6,000円くらいになりました。嬉しさのあまり友達に報告したのですが……

え! 節電してて6千円もかかるの?
と言われてしまいました。

私がやった節電といえば、

  • 使わない家電のコンセントは抜く
  • エアコンはつけない
  • 夜でも電気は点けない(机のスタンドのみ可)

などなど。とにかく「電気を使わない」ことを徹底したのですが、まだ下がる余地があるんだとか。

そこで今回は、私が見落としていた「意外な伏兵」をご紹介します。この伏兵を使うのをやめたところ、電気代が2,000円を切りました!

スポンサーリンク

部屋干ししている人必見!

1.生乾きが嫌だから、浴室乾燥機を使っています

ベランダが共有スペース(非常時の避難経路扱い)になっている賃貸物件では、ベランダに洗濯物を干せません。私の住んでいるマンションがまさにそれです。

そんなわけで、私は「部屋干し」派なのですが、部屋干しにすると「生乾き」になることが多いんですよね。なので私はいつも浴室乾燥機を使用していました。使用時間は、1日3時間くらいです。

 

2.消費電力がデカい

結論から言うと、この浴室乾燥機を使うのをやめただけで、電気代が2,000円以上下がりました

  • 家の浴室乾燥機は1.3kW
  • 1日3時間×30日=90時間
  • 1時間当たりの電気代22円

なので、1か月あたりの電気代は
1.3×90×22=2,574円
大体合ってますね。

ちょっと意外な気もしますが、乾燥機って、要は「巨大なドライヤー」なわけですから、これくらいはかかって当然なわけです。ちょっと考えれば分かりそうなことなのに……
盲点でした。

 

風呂は毎日

風呂は毎日

そしてもう1つの伏兵がこれ。
ガス温水機(給湯器)」です。
実は給湯器が最も電気代を食う家電だって知ってますか?

 

1.お湯を沸かすだけなら大したことなはい

じゃあ風呂は入っちゃダメなの?
と思うかもしれませんが、お湯を沸かす行為は、電気ではなくガスによって行われているので大丈夫です。問題は自動で沸かしていることなんです。

 

2.コントロールは全部電気

お湯を自動で沸かす際、お湯の温度・量の調節は、全て電力によって賄われています。お湯を沸かすときはもちろん、沸かした後電源がONになっている限り、これは自動的に行われます。

これがかなり電気を食うんです
なので、使わない時は電源を切るのはもちろん、お湯を沸かす時も「自動」で沸かさず手動湯量をチェクしながらお湯を入れた方が良いと思います。

漏電の可能性

普段から節電している
浴室乾燥機も使っていない
お風呂は手動で溜めている
でも電気代が高い
という人は、漏電している可能性があります。漏電しているかは簡単にチェックできるので、気になる人は調べてみてください。確認方法はこちら↓

⇒ 【漏電は都市伝説じゃない!】電気代が高い原因はこれかよ!

 

一人暮らしだから出来る
最強節電法って知ってる?

今回は「電気代が高い原因」として

  • 浴室乾燥機
  • ガス温水機
  • 漏電

を紹介しましたが、これらの問題を解決したうえで、「さらに電気代を安くしたい」と思う一人暮らしさんは、こちらの記事もチェックしてみてください。

⇒ 【電気代が高い人必見!】一人暮らしだから出来る!簡単節約術

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ