【電気代が半額に!?】節電を始めるなら冷蔵庫から!

スポンサーリンク

節電したい
でも、何から始めればいいの?
と思っていませんか?

これが「ガス代を節約したい」というなら、使う場所が限られるので(風呂場と台所だけ)簡単ですが、電気は色んな所で使っていますからね。どれから始めようか、迷ってしまいますよね。

そんな時は、冷蔵庫から始めるといいですよ。なんたって、一番電力を消費している家電ですからね。その分、冷蔵庫は節電効果が分かりやすいので、モチベーションも上がります。

スポンサーリンク

冷却効率を妨げない

冷蔵庫は感情の無い機械ですが、そんな彼にとっても、

  • 冷やしやすい環境
  • 冷やしにくい環境

というのがあります。当然冷やしにくい環境であれば、消費電力も大きくなってしまいますよね。節電したいのであれば、冷蔵庫が仕事をしやすい環境を作る必要があるんです。

 

1.壁から離して

冷蔵庫の周りって熱いですよね。それもそのはず、冷蔵庫は、庫内の熱を外部に放出することで、中の温度を低く保つ機械なんです。

しかし、冷蔵庫が壁に接していたりすると、この放熱が上手くできず、結果、必要以上の電力を食う羽目になります。なので、冷蔵庫は必ず壁から10㎝以上離して置きましょう。

 

2.冷風口を塞がないで

次は、冷蔵庫の中の環境です。
冷蔵庫の中には、「冷風口」という冷たい冷気が出る場所がいくつかあります。庫内に物を入れる時は、この冷風口の前に物を置かないように気を付けてください。

 

3.キャパの7割がベスト

また、冷蔵庫の中に、たくさん物を置くのもNGです。「それくらい知っている」と思うかもしれませんが、もっと減らしてくださいキャパの7割以下になるのが理想です。

大体2㎝間隔で置いていくと、キャパの6~7割くらいの量になるので、これを目安にしてください。

 

外界からできるだけ隔絶

冷蔵庫は、庫内の温度を一定に保つ家電です。開けっ放しにしたり、熱い物を入れれば、温度を下げるために、いつも以上に電力を消費するのは当然ですよね。

冷蔵庫の消費電力を抑える一番の秘訣は、「庫内をできるだけ封鎖すること」。当たり前のことですが、意外とできていないんです(私もそうでした)。だって、「できるだけ」は人によって違うから。

 

1.開ける回数を少なく

冷蔵庫を開ける時間を短くする
そのためには……

  • 開ける回数を少なくする
  • 1回の開ける時間を短くする

この2つを徹底する必要があります。

まず、開ける回数ですが、「用が無い時は開けない」を徹底するのは当然として、キーとなるのは、やはり飲み物の出し入れだと思います。

特に夏場は、冷蔵庫を開ける理由の半分は飲み物だと思います。そこで、冷たい飲み物は魔法瓶に入れておくというのはどうでしょう。そうすれば、開ける回数は劇的に減りますよね。

 

2.開けている時間を短く

1回あたりの開けている時間を短くしたいなら、以下の2つ方法を実行してください。

  • 入れる場所を決める
  • 品目表を冷蔵庫の扉に貼る

開けている時間が長くなる原因は、
何があるか
どこにあるか
この2つがよく分からないからです。

逆に言えば、これさえ分かれば、開ける時間は激減します。1回あたりに開けている時間は、5秒が理想的です。

 

設定温度「強」はやり過ぎ

冷蔵庫の設定温度ですが、もしかすると、デフォルトでは「強」になっているかもしれません。結論から言えば、「強」はやり過ぎです。

 

1.「弱」が理想、「中」が防衛線

内容物がキャパの7割以下で、上記の節電方法を徹底していれば、設定温度は「中」で十分です。量が少ない場合は、弱でも全然OKだと思います。

 

2.設定温度は固定して

物少ないし、弱でいいか
ちょっと多いから、中にしよう
また少なくなったら弱で
などと、コロコロ設定温度を変えると、逆に電力を消費します。細目に電気をつけたり消したりすると、電気代が高くなるのと同じです。

弱が理想」とは言いましたが、内容量が多いなら「中」でも十分節電になります。「中なら中」、「弱なら弱」。一度設定温度を決めたら、あまり変えないようにしてください。

 

冷蔵庫以外にも
常時、電気を食う家電が!

1.今回のまとめ

冷蔵庫は常時稼働しているので、必然的に消費電力も多くなります。しかし、裏を返せば、これをしっかり節電すれば、電気代は目に見えて下がるんです。

  • 冷蔵庫は壁から10㎝以上離す
  • 冷風口の前に物を置かない
  • 庫内の配置は2㎝間隔
  • 夏場は、冷たい飲み物は魔法瓶
  • どこに何を入れるか決める
  • 品目表(何があるか)を作る
  • 開けている時間は5秒が理想
  • 設定温度は「中」以下
  • 設定温度はコロコロ変えない

 

2.冷蔵庫以外にも、常時稼働中の家電がある

実は冷蔵庫以外にも、常に電力を貪り続けている家電が結構あります。コンセントに繋がっているだけで、待機電力を消費する家電のことです。

待機電力って僅かな量だろ
たかが知れている
と思うかもしれませんが、そんなこともない家電もあるんです。詳しくはこちら!

⇒ 【電源OFFでも電気代がかかる!】大食い家電ランキング

スポンサーリンク





冬の生活トラブル3選


【出てくる風が冷たい!?】
エアコンの暖房が効かない原因は?


【エアコンが効かない!?】
修理費用ってどれくらいかかるの?


【トイレの詰まりは溶かして解決!】
業者顔負けの最強対処法!




冬の節電特集


【エアコン暖房】温度を1度下げると
電気代は何円安くなる?


【暖房の電気代比較!】
こたつ VS 省エネエアコン


【こたつより電気代が安い!?】
一人暮らし必見!最強暖房器具


【設定温度20度でも体感25度!?】
エアコン暖房の最強節約術


【漏電は都市伝説じゃない!】
電気代が高い原因はこれかよ!




冬のカビ対策特集


【肺炎の原因!?】
エアコンのカビを一瞬で除去する裏ワザ


【賃貸住人必見!】
壁紙クロスの黒カビを5分で掃除する方法


【湿度を下げるだけじゃダメ!】
お部屋の最強カビ予防策


【カビ付カーテンが新品同然に!】
30分で終わるマル秘洗濯法


【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを
10秒で真っ白にする方法




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ