冷房の設定温度を1度上げたら、電気代はいくら安くなるわけ?

スポンサーリンク

冷房の設定温度は28度
夏になると、節電強行派の連中はこう言いますが、これってよく分からないですよね。

  • 温度上げてどの程度安くなるのか
  • なぜ28度にこだわるのか

謎だらけです。

1度上げる毎に少しずつ安くなるのか、
それとも28度と27度の境界線で、電気代が劇的に変わるのかも、いまいちピンときませんよね。

そこで今回は、そんな冷房の秘密を探ってきました。まぁ、秘密って程もことでもないんですけど。

スポンサーリンク

電気代は、1度上げるごとに下がる

まず最初は、電気代の下がり方です。
冷房の電気代は、28度を境に劇的に変わるわけではなく、1度上げるごとに、電気代が少しずつ安くなるんだそうです。これだけ聞くと、28度にこだわる必要はない気がしますね。

具体的にどれくらい安くなるかというと、1度上げるごとに、10%程安くなるんだとか。

……それで、その
10%っていくらなの?

 

10%っていくら?

10%安くなるというのは…
25度から26度に上げると、25度の時の電気代より10%安くなる」という意味なんでしょうか。だとしたら、設定温度が高くなる程、1度上げた時の電気代の下がり幅は小さくなりますよね。↓

25度で7,000円なら…
26度で6,300円(-700
27度で5,670円(-630
28度で5、103円(-567

要するに、「23度から24度にした時は1,000円安くなったけど、27度から28度にした時は500円しか安くならない」みたいなことになるんじゃないかって話です(金額は適当)。

 

なぜ28度?

そこで出てくるのが28度。
恐らくこれが「1度毎の電気代の下がり幅が、目に見えて分かるボーダーライン」なんだと思います。これ以降は、温度上げてもあんまり安くならないんじゃないでしょうか。

それに、28度以上になってしまうと、涼しく感じられなくなりますから、色んな意味で「ギリギリの設定温度」なんだと思います。

 

28度で、体感温度25度にする裏ワザ

しかし、人によっては、28度でも涼しく感じられない人もいると思います。その場合は、こちらの裏ワザを試してみてください。

⇒ 【冷房温度28度でも体感25度!?】エアコンの賢い節電法

 

実際に計測してみた

実際に温度ごとの消費電力を測定したらどうなるでしょうか。とは言っても、一般家庭にそんな設備はありません。代わりに「目がテン」という番組で行われた実験結果を載せようと思います。

 

1.消費電力はこれだけ違う

当番組では、冷房温度以外を全て同じ条件にして、冷房開始から2時間後のエアコンの消費電力を測定しました。

  • 26度:600W
  • 28度:390W

仮にこの消費電力で1日10時間・30日間使用したとすると、電気代は

  • 26度:4,500円
  • 28度:2,925円

となります(1kW25円とした)。これだと、1度上げるごとに、電気代が19%安くなる計算になります。

 

2.エアコンのスペックによって、下がり幅は違うらしい

1度上げるごとに、数%ずつ電気代が安くなるのは確かみたいですが、下がり幅はエアコンのスペックによって違うみたいです。

 

設定温度を上げたのに、電気代が高くなることがあるって本当?

1.今回のまとめ

冷房の電気代は

  • 1度上げるごとに、数%安くなる
  • 何%かは、スペックによる
  • 28度以上は、あまり変わらない
  • 28度は、涼しく感じる限界温度

という結論に至りました。

 

2.温度を上げたのに、電気代上がったんだけど

実は私、過去に
設定温度を上げたのに、逆に電気代が高くなった」という経験をしたことがあるんです。もちろん、原因は設定温度とは別のことでしたけどね。詳しくはこちら。

⇒ 【悲報】冷房の設定温度を上げたのに、電気代が上がったんだけど

スポンサーリンク